2009年01月26日

子ども商店街−D

一昨日、昨日と守山商工会青年部主催で子ども商店街を開催してきました!(パパ社労士は青年部の副部長なのだ)
今までワークショップを何度かやり、一生懸命準備してきた集大成です。

お客さんが本当に来るのかどうか、お客さんが来たとしてもきちんと対応できるのかどうか、子ども達も手伝った大人もみんな不安でした。
でもそんな不安は杞憂におわり、開店前からお客さんの行列が!
商売自体も多少の混乱はありましたが仕事をこなしていく内に要領を覚えてみんなで協力しあって楽しく商売をしていました。

結局用意した商品はすべて完売。
売れ残りも心配していたのでほっとしました。
そしてなにより、子ども達が本当に輝いていたことが嬉しかったです。

商品を一生懸命売り歩く子。
バナナの叩き売りみたいに大声で啖呵をきる子。
せっせと商品を包装する子。
きらきらの目で注文を聞く子。

みんな商売の楽しさを感じてくれたみたいです。
子ども達はみんな、来年もやりたい!って言ってくれました。

企画からすべてを子ども達にやってもらうことはとても大変でしたが、その分、学ぶものもあったと思います。
また学校も年齢も超えた友情が生まれたのではないかと思います。

これだけ好評なら来年も是非やりたいね〜!
posted by パパ社労士 at 10:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家の娘も、子ども商店街の「パン屋」でお世話になりました。看板を作ったり、チラシを作成したり、パン屋さんに研修に行ったり、すごくいい経験ができたと思います。当日も、積極的にチラシを配ったり、大きな声で接客したり、本当に生き生きしていました。今日も学校で「子ども商店街」の話をしたみたいです。子どもたちは、また、参加したいと言っていますよ。本当に商工会の青年部の皆様にはお世話になりました。
Posted by 川島黎茄の母です at 2009年01月26日 18:19
よかったですよ〜子ども商店街。

こういう場では子供たちが「演じきる」というか、ちゃんと商売人になっていました。

ウチのチビがマニキュアをお願いしたら、お店のお姉さんたちはちゃんと敬語を使って対応して感心しました。

お商売をする楽しさと、人とのやり取りをライブで味わうこの企画、もっと続くとイイですね!
Posted by アニキ at 2009年01月27日 00:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。