2011年12月08日

フルマラソン体験記-2

ゲートを過ぎたあたりから周りのスピードが一気にあがる。
とは言ってもまわりには大勢のランナーがいるため全力で走っても人をよけながらジグザグにしか走れない。
今までのマラソン大会で歩いてしまったのは、前半に飛ばしすぎたせいだ。
初心者は気持ちとしてついつい、余裕のあるうちに距離と時間を稼いでおきたいと思ってしまって前半にエネルギーを使いすぎる。
今の自分の体力では全力で行ってなんとかなるのはハーフくらいまでだ。
だから、今大会ではその点は特に慎重になる。
コースに置かれた距離標識は幸い5キロごとにある。
5キロ30分のペースで走ろうと決めて、はやる気持ちを抑えながら足を一歩一歩前へ出す。

その日は大変天気がよく、富士山をながめながらのランは気持ちがいい。
河口湖に移る逆さ富士も見事だ。
湖畔を颯爽に走る。

しかし、走り始めてすぐに左ひざに違和感を覚えた。
左ひざはいつも痛くなる。
まだ痛いというほどではないがなんとなく嫌な予感を感じさせる違和感だった。
できるだけ間接にダメージを与えず、筋肉で路面と接地した時の衝撃を受けるように心がける。
マラソンは、自分と身体との対話だ。
痛みはないか、一部に過度な負担がかかっていないか、呼吸はどうだ。
身体のすみずみまで意識を傾けてその声を聞く。
そしてそのメッセージを受け取り走り方を微調整する。

5キロを過ぎたとき、タイムは30分をすぎたところ。
キロ6分で走れている。
違和感を感じていた左ひざも調子が良さそうだ。
込み合っているエイドステーションを横目に通り過ぎる。
毎回どのマラソン大会でも一番目のエイドステーションは通り過ぎることにしている。

そして10キロ地点。
タイムは58分を過ぎたあたり。
どうもペースが上がってしまっていたようだ。
調子よく走れている。
問題はない。
次も5キロ28分ペースでいくか。
28分ペースでいけばサブ4も夢じゃない。

そう思ったのが間違いだったと気付いたのは、まだずっと先のことだった。
posted by パパ社労士 at 03:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

フルマラソン体験記-1

11月27日午前5時。
河口湖近隣のペンションの一室で目を覚ます。
目覚まし時計もなくこの時間に起きれたのは良かった。
目覚まし時計で起きるというのはどこか体に無理をさせているような気がする。

体をすこし動かしてみるが悪くない。いや調子は良さそうだ。
そうこうしていると長男が起きだしてきた。
着替えたりしているとあっという間に出発の時間だ。
現地は相当な人で溢れているはずだから、できるだけ早く出発しなければならない。

案の定、予定していた駐車場は入口前から大渋滞で仕方なくスタート地点まで向かう。
そこで自分と父は降り、車は妻に乗って行ってもらう。

受付を済ますと、荷物を置きに近隣のホテルへ行く。
この近隣のホテルのいくつかはこの大会に協賛しているのか、休憩所及び荷物置き場として一部の部屋を開放していた。
ホテルはものすごい人だった。
階段を昇る人、降りる人、トイレに並ぶ人、たくさんの人がぎゅう詰めになりまるで満員電車のようだった。

荷物も置き、身軽になると父と二人でスタート地点へ行った(父も27キロの部に挑戦した)。
ただ、スタート地点がフルマラソンの部と27キロの部では違うので、いくつか言葉を交わしお互いの健闘を祈って別れた。

今日は天気がよく気温も16度くらいまでは上がるという話だったが、陽が昇ってわずかばかりしか経っていない早朝に半そでに短パンという姿で待機はなかなかしんどかった。
大勢がそうしているように屈伸をしたり体をねじったり飛んだりしてスタートの号砲が鳴るのを待つ。
しばらくするとオープニングセレモニーがはじまり、タレントの激励や選手声明が行われた。
そしてそのセレモニーの終わりとともに号砲がなった。
しかし、さあいくぞと思っても、スタートを今か今かと待っていた集団なのに進まない。
それも仕方ないはずで、今大会には1万3千人もの人が参加していたのだ。

それでも少しずつ進みだし、歩きながらスタートゲートを目指す。
やっとのことでスタートゲートをくぐったときには、号砲から18分が過ぎていた。
今回の目標は、4時間30分で完走することと、一度も歩かずにゴールすること。
今まで2回フルマラソンに参加したが、2回とも途中で歩いてしまっていたし、5時間を切るのがやっとだった。

スタートゲートくぐると同時に腕時計のストップウォッチ機能のボタンを押した。
デジタル表示が「04:30」になる前になんとしてでもゴールしたい。
posted by パパ社労士 at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

子どもにやさしいまちづくり研修会に参加して思うこと。

昨日、NPO法人子ども&まちネット主催の子どもにやさしいまちづくり研修会に参加してきた。

これは4回連続講座で、子どもにやさしいまちとは一体何か、ということを様々な角度から勉強する研修だ。

昨日は、千葉大学の木下勇教授が講師として来てくださり、ユニセフの提唱する「子どもにやさしいまち」とは一体何かという概念的な部分から世界各国また日本の自治体における取り組みについてとても分かりやすく説明していただいた。

ユニセフのHPの内容を木下教授が翻訳した「子どもにやさしいまち」の基本(構造と活動)とは次の通り。

----------------------------
「子どもにやさしいまち」の形成は次の9つの基本(構造と活動)から成り立っている。

1. 子どもの参画:
 子どもの意見を聞きながら、意思決定過程に加わるように積極的参加を促す。

2. 子どもにやさしい法的枠組み:
 子どもの権利を遵守するように法制度的な枠組みと手続きを保障する。

3. 都市全体に子どもの権利を保障する施策:子どもの権利条例に基づき、子どもにやさしいまちの詳細な総合計画と行動計画を定めて実施する。

4. 子どもの権利部門または調整機構:
 子どもたちの将来を見据えて、地方自治体の中に優先すべきことを保障する永続的仕組みを構築する。

5. 子どもへの影響評価:
 子どもに関わる法律や施策、そして事業について実施前、実施中そして実施後に子どもへの影響を評価する制度化された手続きが保障される。

6. 子どもに関する予算:
 子どものために適当な資源と予算が使われているかが調査されることを保障する。

7. 子どもの報告書の定期的発行:
 子どもたちと子どもの権利についての実情について十分なモニタリングとデータ収集が保障される。

8. 子どもの権利の広報:
 大人や子どもに子どもの権利についての認識を高める。

9. 子どものための独自の活動:
 子どものオンブズマン、子どものコミッショナーなど、子どもの権利を促進するために活動しているNGOや独立した人権団体の支援。

------------------------------

勉強不足の自分がこのことに深く言及することは現段階ではできないが、「5.子どもへの影響評価」について社会保険労務士として少しだけ私見を述べたい。

この「まち」というのがあくまでも都市という形あるものを指すのであれば全く見当違いの意見になってしまうが、年金を含む社会保障制度には「子どもへの影響評価」という視点が全く抜け落ちているという現実がある。
つまり、現在の年金制度の議論は、今給付を受けている人たち(もしくは間もなく受給する人たち)の年金をどう捻出するか、に尽きていると言って過言ではないのであり、その先の今の子どもたちが年金を受給するようになった時のことを考えて議論されていないということだ。
年金問題は高齢者問題であり、将来の子どもの問題として捉えられていない。
これはとても問題だと自身は考えていて、そこになんとか若年者の考えや想いをぶつけられないかと思っている。

脱線してしまったが、今回の研修では各国の取り組みが具体的に示されていて、日本でもやればいいのに、なんて思うようなこともたくさんあった。
引き続き勉強したい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日の晩ごはんは、カレーなべ。
スープは市販品だが、ココイチブランドなのでちょっと期待。
posted by パパ社労士 at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

絵本講座in東区撞木館

先週の土曜日は、名古屋市東区にある撞木館という和洋折衷のお屋敷で絵本講座をしてきました。
(東区役所主催のイクメン講座第二回目)

集まったのはなんと23組のパパとその子どもたち。
ママ同伴のパパは一人もいない!
すばらしい!

子どもたちはほとんど0歳か1歳児だったので絵本ライブというよりは、絵本と触れ合おうという趣旨でお話しをしてきました。
構成としては、講義30分、絵本読み30分、パパたち自身による絵本読み30分という感じ。

講義では、絵本の楽しさ、選び方、読み方などをお話ししました。
絵本読みでは、0歳1歳向けの絵本を何冊か読み、赤ちゃんもそうそう集中していられないのでパパ向けに、「パパ、おばけがいるよ」等を読みました。
(この絵本を読むと、子どもが寝る前には帰らなくちゃーって思うこと間違いなし)
そして最後に、大量に持ち込んだ絵本を床に広げて好きな絵本を選んでもらって、パパ達に各々自分の子どもに向けて読んでもらいました。

絵本に集中できない子ども(赤ちゃん)がいたけどそれでいいんです。
絵本を聞かせよう聞かせようとすればするほど、絵本から逃げたくなる。
体を動かしたいときもあれば、本を読みたい時もある。
大人も子どももそれは一緒。

絵本がいつも手に届くところにある、それが大事なんじゃないかなー、なんて思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日の晩ごはんは、豚みそ鍋。
つゆは市販のもの。
でもうまかったー!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それから、次男がもうじき一歳になるのですが、すでに歩いています!
長男のときはこんなに早く歩かなかったよなー。
でも現在の長男の足はものすごく速くて、朝も走って保育園まで登園してます。

まあ、それぞれのスピードで成長してくれ!
でもできればゆっくりの方がうれしいかなー、なんて思ったり。
親心は複雑です(笑)。
posted by パパ社労士 at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

パートタイム労働者について

たまには仕事に関連するまじめなネタを。

2007年に策定されたパートタイム労働法にしたがって、厚生労働省が「今後のパートタイム労働対策に関する研究会」を設置し、その報告書がまとめられました。
そこでパートタイム労働法について少し私見を述べたいと思います。

まず一般の方がよく勘違いされていることとして、この法律におけるパートの定義があります。
条文を抜粋するのは避けますが、簡単に言うと「正社員より労働時間が短い人」というのがこの法律における「パートタイム労働者」となります。
つまり、一般にパートといわれる人でも正社員と同じ時間勤務している人にはこの法律は適用されないし、正社員でも育児休業後などで短時間勤務をしていると適用されるということです。

この法律で正社員との待遇格差を禁止しているのは、

1、業務の内容と責任の程度がいずれも同じで、かつ

2、配置や転勤等の仕組みが同じで、かつ

3、契約期間に定めがない(実質無期とみなされる場合を含む)、
というこの3つの要件を満たすパートタイム労働者のみです。

この123すべてを満たすパートタイム労働者とはどんな人が考えられるのでしょう。
スーパーのレジ打ちなど社員もやることがあると思いますが、シフトの自由さなどが担保されていると1の要件が満たされなくなるし、転勤がないことも多いので2も満たされない。
いろいろと想像してみてもこの3つに該当するようなケースは稀のような気がします。
つまるところ、結局この法律の恩恵を受けられるのは前述した「正社員の短時間勤務」だけとなってしまうのです。
すでに正社員の人はこの法律によって守られますが、実際現時点でいわゆるパートという働きかたをしている人は保護されません。
その他、この法律ではこの3つの要件を満たさないパートについても保護する規定を設けていますが、ほとんどが努力義務規定となっており機能していないのが実情です。

もし、世間一般の方が想定するパートタイム労働者の処遇改善を目的とするのであれば、この法律は抜本的な見直しが必要だと思います。
また、パートタイム労働者については、103万の壁や130万の壁と言われる日本の扶養制度とも相まって議論される必要があります。
処遇(賃金)が改善(昇給)すると、その壁を超えないように労働時間を減らすかもしれない。
そうすると企業は困ることになるわけですから。

さらに、パートタイム労働者と残業代については、企業の業績変動による正社員のリストラを回避するためのショックアブソーバーとして機能していた点もひとつ問題として考えなければいけません。
どういうことかというと話は単純で、会社が暇になったら残業を減らし、パートタイム労働者の労働時間も抑えてもらう(もしくは辞めてもらう)ことで、会社の利益を確保するというもの。

現在、ワーク・ライフ・バランス(以下、WLB)という考え方が普及し始めています。
WLBは単純な時間短縮運動ではありませんが、必要以上の残業は必要ないという考え方においては異論はないと思います。
企業として残業が減り、パートタイム労働者の処遇も改善されると、不況期に企業がどうやってそのマイナスを負うのかが実は難しくなります。
個人的にはこの問題の核心は、正社員とパートタイム労働者の処遇の『格差』にあると思っています。
つまり、パートタイマーの処遇が低すぎるのと同時に、正社員の処遇が良すぎるということ。
真の格差是正のためには、現在の正社員の人たちが一定の痛みを我慢する必要があるのではないかと思います。

この辺り実はあまり議論されていませんが、パートタイム労働法の今後についてはよく考えなければいけない問題点だと思っています。
posted by パパ社労士 at 14:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

想像あそび

毎日というわけではありませんが、消灯した後に家族で川の字になって寝る姿勢やる遊びがあります。
それが「想像あそび」。
もうはっきり言ってルールなんてものはありませんが昨日やったのはこんな感じ。

「ぼくは、お腹が空きました。
 目の前にはラーメン屋さんとカレー屋さんがあります。
 どっちに入りますか?」

「うーん、らーめんやさん」

「ではラーメン屋さんに入りました。
 何を注文しますか?」

「うーん、ぼくはねえ。
 たまごメンマねぎにくたっぷりらーめん(注1)」

「お母さんはなんにする?」

「私は、みそラーメン」

「お父さんはなんにしようかなあ。何がいいと思う?」

「えーとねえ、やさいたっぷりらーめんがいいんじゃない?」

「じゃあ、お父さんはそれで」

(この辺りになってくると相当ノッてきて自分からいろいろとやりだす)
「じゃあ、ざっざっざっ、こんこん、ぽん、はいできあがりー!
 おまちどおさまー!」

「はふはふはふ、ずるずるずる、ぷはあ。ずるず、おへっおへっ(注2)」

「じゃあねえ、こんどはおもちゃやさんでねえ・・・」

そしてやってるうちにだんだん眠くなって寝る、といった感じ。
寝ようとするとまだ絵本読みたいーとか遊びたいーとか言うので、そういうときにこの遊びをしています。
意外にやってる大人も楽しいですが、ラーメン食べてるフリとか本気で食べなくなってしまうので注意です(笑)。

(注1:本人はたぶん、スガキヤの特製ラーメンのつもり)
(注2:むせるフリ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日の晩ごはんは、ぶりかまの塩焼き、なすのみそ汁、サラダ、ほうれんそうのお浸し。
仕事が立て込んでしまい、かなりのスピード料理となりました。

それからもうすぐ1歳になる次男が1.5歩くらい歩きました!
日々進化しております!!
posted by パパ社労士 at 06:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

某新聞記者の憂鬱(妄想)

とある新聞の社説に、研究者たちは地震に関して今までは地震を予測するという方向で進んできたが、今後は減災にかじ取りをしなければならない、という趣旨のことが書いてあった。
全くその通りだと思う。
そして、「最悪の事態を想定することは減災の第一歩だ」とも書いてあった。
これもその通りだと思う。

しかし、その新聞社は脱原発にはかなり慎重的で、原発は要・不要の議論ではなく現実的な(つまりは経済的な)視点から考えなければならない、という姿勢を現在までとっている。
これも一見正しいように聞こえるが、個人的には原発の要・不要について今議論せずしていつ議論するのかと思ってしまう。
また、経済よりも人の命だろうとも思う。

そもそも、「最悪の事態を想定することは減災の第一歩だ」というのであれば最悪の事態とは原発がぶっ飛ぶことであり、放射能がばらまかれることであり、ただでさえ人が住める領域が限られている地球上に人はおろか動物さえも立ち入ることのできない領域を作りだすことである。そうした事態を想定すれば経済云々などを言っている場合ではなくなる。原発はできるだけ早くなくさなければならない。

今回の社説は、記事を書いた記者が論調を一切変えない自身が勤める新聞社へ向けた小さな反論メッセージなのではないかと受け止めた。

「最悪の事態を想定することは減災の第一歩だ」

この一言から、僕はそう妄想した。
posted by パパ社労士 at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

二度目の福島。

南相馬に行くのは2回目。
被災地に行くのは都合4回目の今回の旅。
沿岸部のがれきはかなり撤去されてきたが、南相馬はそうした物理的な破壊ももちろんだが放射線による被害が相当に大きい。
子どもたちはいまだに外で遊ぶことはできないし、体育の授業もすべて体育館で行われる。
線量計と思われる機械を首から下げている子どもも多数いた(線量計じゃないかもしれないが…)。

さて、今回の旅の目的は南相馬の子どもたちに絵本ライブを見せて大いに笑ってもらうこと。
初日に伺った鹿島小学校にはいくつかの小中学校が集まっている。
(前回も伺ったのもこの鹿島小学校。http://enjoypapa.seesaa.net/archives/20110705-1.html
調理室がある学校の職員室になっていたり、校庭に建てられた仮設校舎を利用したり。
すべての子どもたちに見せてあげられると良いのだが、絵本という特性上一回にせいぜい数十名までしか対応できない。
なので今回は数校あるなかの2校で絵本ライブをやらせてもらった。

読んだ絵本はすべてくだらない、ためにならない絵本ばかりだ。
というか、言ってしまえば下ネタ連発で、大の大人が「うんこ」とか「うんちっち」とか大声で叫ぶと子どもたちは大爆笑だった。
もちろんそうじゃない絵本も読んだが、とにかく子どもたちが笑い転げるようなそんな絵本ばかりを読んだ。

夜は、前回から福島での行動をサポートしてくれている男山八幡神社の西さんにお世話になり、社務所に泊まらせてもらった。
西さんや一緒に行った仲間たちとお酒を飲みながらいろいろな話をした。
津波のこと、原発のこと、避難区域のこと、野菜のこと、子どものこと。
すべてをここに書き記すことは難しいので興味深い話を一部だけ紹介したい。

まず、避難しようにも避難できない人がいるということ。
避難するにもお金がいるし、避難した先で職にありつけるかどうかも分からない状況では避難できないというのだ。
しかし、その地に住み続けることにもリスクがあるのは国民全員が知っていることだ。
だから家族だけ避難させて、稼ぎ頭である父がその地に残っているという話も見聞きする。
避難するのにも、住み続けるにも英断が必要なこの状況。
まじめに暮らしてきた人たちになぜ、そんな英断を迫らなければいけないのか。

それから野菜の話。
風評被害も相当にある中で、やはり子どもをもつ親としては少しでも危険性のあるものは食べさせたくないというのは本音だろう。
しかし、福島産のものだからという理由だけで排除することは、福島の農家や漁師の方々を殺すことに等しい。
だったら大人が福島の野菜を食べるべきだ。
現状では基準値を超えた野菜は出荷されていないし、放射線に対して感受性の低い大人であれば食べても問題ないはずだ。
京都大学原子炉実験所の小出助教授は著書で、野菜にもR指定を設けるべきだと主張していた。このコーナーにある野菜は60歳以上のみ販売可能、というようなものだ。
この年齢設定が正しいのかどうかは分からないが、年齢によって摂取可能な放射線量を設定するのはいいかもしれない。

二日目は、真野小学校とよつば保育園へ。
真野小学校は、生涯学習センターを仮校舎にしていた。
よつば保育園も、震災後しばらくは休園していたようで、我々が行った時はちょうど再開したばかりだった(園庭はしっかりと除染されていた)。
ここでも鹿島小学校でやったようなくだらない絵本ばかりを読んだが、どちらの子どもたちもやっぱりよく笑ってくれた。
・よつば保育園のブログ
 http://yotsuba-ho.seesaa.net/

いつもいろいろなところで絵本を読ませてもらっているが、本当に彼らの笑顔に救われるというか、彼らから元気をもらっていると実感している。
そして「また来てね」と言われれば「もちろん!」と答えるし、当然彼らの想いには応えなければならない。
大人は嘘をついてはならないのだ。
posted by パパ社労士 at 05:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

あたらしいみかんのむきかた

308401_119667144804311_100002830784646_94427_337738291_n.jpg


「あたらしいみかんのむきかた」(作・岡田好弘 絵/文・神谷圭介)をみて作りました!!
http://www.shogakukan.co.jp/pr/mikan/

みどり色のしろさぎ、というかみどりさぎ。
大きい普通のはさみで作ったので結構大変でしたが、なかなか楽しい!(本では手芸用の小さいはさみを推奨)
このあたらしいみかんのむきかたのだいご味は、なんといってもカットしてから広げるときのドキドキ感です!
ちゃんと形になっているか広げてみないと分からないんですよね。

みなさん、子どもがスゲーと言って喜ぶこと間違いなしです!
おためしあれ〜。

線を書かずにむけたら子どもたちのヒーローになれるな(笑)。
posted by パパ社労士 at 16:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

東海ワークシェアリング研究会フォーラム開催しました!

SNC00317.jpg


昨日、東海ワークシェアリング研究会フォーラム「誰もがいきいきと働ける職場を目指して」を開催し、無事盛況に終えました〜!

総勢40名を超える方が参加していただき、ご参加いただいたみなさま本当にありがとうございました!
後半のディスカッションも会場からの質問もあって大変盛り上がりました。
パネリストのどの企業様も様々なWLB関連施策をとられており、そうした企業様の事例もまた会場に来ていただいた方にはいい刺激になったのではないでしょうか。

印象的だったのは、どの企業も人(従業員)を大切にしたいという理念を持っていたということ。
ワーク・ライフ・バランス以前に従業員を大切にしようという理念、風土があって、それが自然にワーク・ライフ・バランスの施策につながっていったようです。
制度としては、看護休暇を有給にしていたり、介護休業を365日認めていたり、従業員を全員株主にしたりと様々なやり方をされていました。
そして理念と制度が相まって初めて、従業員の方が高いモチベーションを維持しながらいきいきと働ける職場になるんだなあと感じました。

さあ、あとは研究会の報告書をリリースしたら、東海ワークシェアリング研究会としての活動は終了。
そして次は、

東海ワークライフバランス研究会(仮称)を発足させます!!!

事例報告などを通じて活発な意見交換ができたらと思っています。
ご関心のある企業様は遠慮なくお問い合わせください!!

研究会にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました〜!!

【パネルディスカッションに参加していただいた企業様(敬称略・50音順)】
・アイコクアルファ株式会社
 http://www.aikoku.co.jp/
・株式会社エステム
 http://www.stem.co.jp/
・エンプロ株式会社
 http://www.enpro.co.jp/
・河村電器産業株式会社
 http://www.kawamura.co.jp/
・尾西信用金庫
 http://www.bi-shin.co.jp/
・株式会社ポッカコーポレーション
 http://www.pokka.co.jp/


posted by パパ社労士 at 13:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする